鍔家紋

想いを彩る「額縁」

文字を拡大

想いを彩る「額縁」tsubakamon frame

「絵や思い出の品、写真などの“想い”を彩るのが額縁です」と「京額」三代目、岩滝絵美子。1919年創業、新しさに挑戦し続ける京都の老舗だ。
「鍔家紋」の額縁は、クラシカル×モダンを生かした深めの立体デザインと配色で奥行きを。留め具には布を貼り込むなど、細部まで工夫とアイデアを盛り込んだ。工房職人による丁寧で精緻な仕事が、「鍔家紋」にふさわしい美しい空間を生み出す。

額縁デザイナー
岩滝 絵美子
Emiko Iwasaki

閉じる