鍔家紋

永遠の輝きを放つ「金箔」

文字を拡大

永遠の輝きを放つ「金箔」gold leaf

「鍔家紋」の顔となる表面(おもてめん)の金箔は、最高級の「金沢箔」。薄さ0.1ミクロンの繊細な金箔を、魔法のように軽やかに、自在に扱うのは京都で三代続く金箔職人、岡田武。むろんその技は何十年もの経験と研ぎ澄まされたセンスによる。
「日常の美を大切にする日本の金箔は世界でもトップレベル。世代を超えて伝えたいですね」。優雅で洗練された手技が、「鍔家紋」に永遠の輝きを与える。

金箔押師
岡田 武
Takeshi Okada

閉じる